関学総政 小西尚実ゼミ

関西学院大学 総合政策学部 国際政策学科 小西尚実ゼミ生によるブログです🌻

書籍紹介 3

皆様こんにちは!

いつも、本ブログをご覧いただきありがとうございます!

小西ゼミ4年生の中河愛理と申します。

今回、私は書籍:「嫌われる勇気」についてお話しします。

 

 

【書籍情報】
タイトル:嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え

著者:岸見一郎、古賀史健

出版社:ダイヤモンド社

発行年:2013年12月12日

【あらすじ】
「人は誰でも、今すぐに幸せになれる」という妙な心理学を教える「哲人」が住んでいます。そんなうわさをききつけた「青年」は、その主張を論破しようと哲人の家に行きます。青年は職場や父親との人間関係に深い悩みを抱えており、誰もが幸せになれるなどという考え方には、彼自身の人生経験からみても理解できませんでした。哲人の主張は、まっとうな心理学の理屈を根底からくつがえす考え方でした。そこで、対話形式で彼の思想を解き明かしていきます。

 

【おすすめポイント】

・他者と比べないことの大切さ

この本では、「劣等感自体は誰もが持っているものであり、理想の自分に対して何かが欠如している状態である」と述べられています。その部分を埋めるための努力のエネルギー源として、劣等感は重要な役割を担います。しかし、理想と現実の差分を埋める手段を努力ではなく、言い訳で埋めようとし始めたら危険です。言い訳で埋めようとする状態を「劣等コンプレックス」と言います。劣等コンプレックスは他者との競争で生まれてしまいます。競争の中に身を置くと、自分自身の心が休まることはありません。そのため、この本では、「他者と比べる」ということを強く否定されています。自分自身が成長するためには、客観的に自分を分析します。その際、「他者と比べる」のではなく、他者をみて、参考になるところを自分なりの方法で取り込む必要があると思います。そして、大切なのは、比較する点において、「理想の自分」と比較することです。そうすることで、「他者と比べる」という意識から遠ざかると感じます。

よく他の人と自分を比べてしまって悩まれている方に読んでもらうことで、なぜ他者と比べてしまうのか、そしてそれがなぜしてはならないのかを知ることのできる本になります。ぜひ、読んでみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

Hello, everyone!

Thank you for always reading our blog.

My name is Airi Nakagawa, a fourth-year student at Konishi seminar.

Today, I would like to explain about one book: “The courage to be disliked.”

[Book Information]

Title: The courage to be hated - the teachings of Adler, the source of self-development

Author: Ichiro Kishimi, Fumiken Koga

Publisher: Diamond Publishing

Publication year: December 12, 2013

【The Synopsis】

There lives a “philosopher” who teaches a strange psychology that “anyone can be happy right away.” A "young man" hears such rumors and goes to the philosopher's house to refute the claims. He was deeply troubled by his relationship with his workplace and his father, and his idea that everyone could be happy was incomprehensible to him, even in light of his own life experiences. The philosopher's argument was a way of thinking that fundamentally overturned the logic of proper psychology. Therefore, we will unravel his thoughts in a dialogue format.

【Recommended Points】

・The importance of not comparing yourself to others

This book states that "everyone has inferiority complexes, and they are a state in which something is lacking compared to the ideal self." Inferiority complexes play an important role as a source of energy for the efforts to fill that gap. However, it is dangerous to try to fill the gap between your ideal and reality with excuses rather than with effort. The state of trying to fill the gap with excuses is called an "inferiority complex." Inferiority complexes are born from competition with others. If you put yourself in a competitive situation, your own mind will never rest. For this reason, this book strongly rejects the idea of ​​"comparing yourself to others." In order to grow yourself, you need to objectively analyze yourself. In that case, I think it is necessary to look at others and incorporate what can be used as a reference in your own way, rather than "comparing yourself to others." And the important thing is to compare yourself to your "ideal self" in terms of comparison. By doing so, I feel that you will move away from the consciousness of "comparing yourself to others."

If you read this book, you will be able to understand why you compare yourself to others and why you should not do so if you often compare yourself to others. Please give it a read!

Thank you for reading!

 

▼小西ゼミホームページはこちら▼

https://konishiseminar.wordpress.com/

▼小西ゼミインスタグラムはこちら▼

https://www.instagram.com/kg_konishiseminar/